• ホーム
  • 事業案内
  • 企業情報
  • 技術紹介
  • 採用情報

事業案内

農道 | 農業生産基盤整備

 農村の活性化を図る目的で整備されている農道は、農作物の生産、生活、物流の面において重要な役割を担う社会資本です。農道が整備されることで、農業の近代化が促進され、農村から都市部(消費地)へのアクセス改善など、農業の持続的発展や農村の振興に多大な効果をもたらします。当社では、生産者や地域住民、消費者の視点に立って、安全で利便性の良い農道の設計を行っています。

橋梁 

名 称: 二ツ石橋

場 所: 宮城県加美町

概 要: 農道橋の実施設計

 


 

 橋梁の形式はTラーメン箱桁橋を採用しています。架設地点は地形的に谷間が深いという特徴があったため、設計当時、東北農政局管内では一般的でなかった「張出し架設工法」を先駆的に採用しました。

 いままでは、地震に対して部材の強度で抵抗する「耐震設計」が採用されていました。しかし、近年では、大地震にも対応できるよう上部構造物を免震支承で支持し、地震動の長周期化と減衰効果で地震から免れる「免震橋梁」や、応答変位の抑制をねらう「制震橋梁」などが採用されています。当社では、これらの新しい技術にも対応した解析を行っています。

斜面安定対策

名 称: 南郷農道

場 所: 青森県南郷町

概 要: 簡易吹付枠工の実施設計

 


 

 亀裂性岩盤の風化による崩壊が確認されている法面において、簡易吹付法枠(NETIS登録No.CB-980023-V)を採用しました。従来の現場打ちコンクリート法枠に比べ、経済性・施工性の両面で優位性を確保した事例です。

 国土交通省は、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的として、新技術情報提供システム(New Technology Information System:NETIS)を整備しています。当社では、このNETISに登録されている新工法についても採用の検討を行うなど、有用な技術の積極的な活用に努めています。

 

主な業務実績

平成24年度 三県局農水(整委)第35号 南郷農道保全第3号委託

平成21年度 三県局農水(整委)第49号 三戸農振第44号委託

平成20年度 長崎県県央農村整備事務所 小豆崎地区連絡道路測量設計業務委託

ページトップに戻る

Copyright(c) 2014 Nihon Suiko Consultant Co.,Ltd

【本社】

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-10-4 八千代ビル3F  TEL 048-836-3590  FAX 048-836-3620