• ホーム
  • 事業案内
  • 企業情報
  • 技術紹介
  • 採用情報

事業案内

震災復興 | 防災・減災

 被災地の現場においては、海岸沿いであれば地震・津波の再発がないとも限りません。放射線レベルが高い区域(帰還困難区域・居住制限区域・避難指示解除準備区域)での現地作業も伴います。しかし、安心・安全な社会基盤の構築を掲げる当社としては、このような現場も避けて通るわけにはいきません。 『頑張ろう東北』 東北の復興に携わっています。

緊急点検 

名 称: 被災したダム・ため池 

場 所: 福島県浜通り及び中通り

概 要: 被災したダム・ため池の緊急点検

 


 

 震災直後に、被災状況を概略把握するとともに、二次災害につながる可能性のあるダメージを発見するため、福島県内のダム・ため池、合計100カ所の緊急点検を実施しました。

 震災直後から実施した農業用施設の緊急点検結果について農業農村工学会の講演会で報告するなど、社会の安心・安全に向けた情報を発信しています。

災害復旧(津波災・地震災) 

名 称: 被災した農業用施設

場 所: 福島県浜通り

概 要: 津波被災、地震被災農地・施設の災害復旧設計

 


 

 津波・地震による被災状況調査(堆積土砂厚調査、塩分濃度調査)を行い、農業用施設の災害査定設計書を作成しました。また、空間線量調査結果等も含めて地理情報システム(GIS)で整理しました。

 放射線レベルが高い区域で作業を行う場合には、しっかりとした安全管理を行うことが重要です。当社では、主に厚生労働省の関係法令に基づいて作成した「現場作業を行う際の作業手引き」を関係者(協力会社の職員も含む)に配布し、対象者すべてには安全管理講習を実施しています。

 

 

主な業務実績 平成28年度 富岡町農業用施設災害復旧調査測量設計(その3)
平成28年度 愛知県緊急農地防災事業計画書等作成業務
平成28年度 防ダム事業 市田東池地区実施設計業務

平成27年度

福島農業基盤復旧再生計画調査 浪江町農地農業用施設災害復旧調査設計(その8)業務

平成27年度

福島農業基盤復旧再生計画調査 双葉町農地農業用施設災害復旧調査設計(その2)業務

平成27年度

福島農業基盤復旧再生計画調査 大熊町農地農業用施設災害復旧調査設計(その3)業務

平成27年度

土地改良施設耐震対策事業 知多5期地区 ため池耐震調査その2業務 愛知県知多農林

 

ページトップに戻る

Copyright(c) 2014 Nihon Suiko Consultant Co.,Ltd

【本社】

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-10-4 八千代ビル3F  TEL 048-836-3590  FAX 048-836-3620