• ホーム
  • 事業案内
  • 企業情報
  • 技術紹介
  • 採用情報

技術紹介

配管補修後液密性検査装置(特許第5211379号)  |特許

写真:計測状況
写真:計測状況

 農業用水パイプラインなど管路の通水に際しては、通水試験を行いますが、この際、多くの手間と人手が必要です。また、漏水時の補修についても一端、通水を止めたあと、再通水する場合に同様の人手が必要です。

 当社では、日本大学生物資源科学部(鈴木哲也研究室)との共同出願により、通水試験など漏水箇所の精査に用いる技術を「配管補修後液密性検査技術」として問題解決の一助とすべく技術開発を進めています。

図:計測システム概要
図:計測システム概要

 本特許は、弾性波法のひとつであるAE法(アコースティック・エミッション法)を用いた技術です。

 本技術は、配管施設に関わる水密性能照査に用いることが可能です。

ページトップに戻る

Copyright(c) 2014 Nihon Suiko Consultant Co.,Ltd

【本社】

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-10-4 八千代ビル3F  TEL 048-836-3590  FAX 048-836-3620