• ホーム
  • 事業案内
  • 企業情報
  • 技術紹介
  • 採用情報

技術紹介

コンクリート診断技術 |技術

コンクリートテスタ

コンクリート表面の劣化を面的に把握できます。

コンクリートテスタ写真
コンクリートテスタ写真

 ハンマーでコンクリート表面を軽く叩くだけで、コンクリートの強度、劣化の状況を把握できます。

 テストハンマーに比べ、機能性、操作性、作業性に優れています。 コンクリートテスタによる測定機能は次の通りです。

 

  • コンクリートの強度推定
  • コンクリート表面の劣化度
  • コンクリート表面の剥離・浮き等

機能診断への活用利点

 

  • 局部的な測定だけではなく、面的に劣化を把握することが容易です。(下図)
  • 詳細調査箇所や補修箇所の絞り込みが可能です。
  • 定期的に調査を継続することにより劣化の進行過程を把握できます。(劣化予測)

 

主な業務実績

平成21年度 国営造成水利施設保全対策指導事業 十三湖地区機能保全計画策定業務

平成21年度

国営造成水利施設保全対策指導事業 迫川上流(左岸)地区機能診断調査業務

平成20年度 国営造成水利施設保全対策指導事業 天竜川下流地区その1業務

弾性波レーダシステム(iTECS法)

概要


 

 弾性波レーダシステムiTECSは、インパクターによる打撃によって生じる弾性波をセンサーでキャッチし、弾性波の伝搬速度、反射時間などを測定して、コンクリート表面、内部の状況を非破壊で検査するシステムです。

 弾性波レーダシステムでは、以下の4項目について測定が可能です。

 

  • コンクリートの圧縮強度推定
  • コンクリートの厚さ測定や内部欠陥状況
  • コンクリート表面付近の品質評価
  • ひび割れ深さ

ひび割れ深さが測定できます。

図:ひび割れ付近での弾性波と測定波形
図:ひび割れ付近での弾性波と測定波形

 補修工事の際には補修材の充填量を想定するために、ひび割れ深さを知ることが重要になります。本システムを使用することで、ひび割れ深さを測定することが可能となります。

 本システムはコンクリートひび割れに対して、インパクターにより打撃した弾性波の波形を測定し、ひび割れからの測定距離を変化させながら波形の変化(上に凸形状)が現れたポイントを求めます。センサーと打撃点の距離の1/2が、ひび割れ深さになります。(左図参照)

主な業務実績

平成21年度

ストックマネジメント技術高度化事業 パイプライン(ACP管)診断技術調査業務

ページトップに戻る

Copyright(c) 2014 Nihon Suiko Consultant Co.,Ltd

【本社】

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-10-4 八千代ビル3F  TEL 048-836-3590  FAX 048-836-3620