• ホーム
  • 事業案内
  • 企業情報
  • 技術紹介
  • 採用情報

事業案内

内水氾濫 | 上下水道

 近年、短時間で大量の雨が降るいわゆる「ゲリラ豪雨」が多発しており、地表面の多くがアスファルトやコンクリート等で覆われた市街地においては、降雨による流出量が一時的に排水能力をオーバーし、道路の冠水被害や住宅の浸水被害が発生する可能性が高くなっています。

 当社では、内水氾濫の対策施設について、基本計画から実施設計及び施工管理・ハザードマップに至るまでトータル的な技術サポートを行っています。

調整池 

名 称: 1号調整池

場 所: 埼玉県戸田市

概 要: 雨水調整池の実施設計及び施工管理

 


 

 公園緑地用地内に占用する雨水貯留施設(有効貯水量V=6,390m3、有効水深H=27.7m、内径φ=17.4m)をニューマチックケーソン工法で設計しました。 

 

  市街地においては、用地上の制約や近接構造物への影響を軽減するためにニューマチックケーソン工法が施工性・経済性等において有利になる場合があります。構造解析においては、マスコンクリート構造物のひび割れ制御対策として、温度応力解析を行いました。

 都市近郊の開発地区等では、用地確保が容易で、施工ヤードも十分に確保できることから、プレキャスト式遊水池が採用されるケースも見られます。

ソフト対策

名 称: 下水道浸水対策(ソフト対策)基礎調査

場 所: 埼玉県さいたま市

概 要: ソフト対策の検討

 


 

 さいたま市の下水道浸水対策の内、遠方監視システム及び雨水管内の水位情報システムの導入に向けた基礎調査等の検討を行いました。 

 

 下水道による浸水対策では、雨水幹線及び貯留施設などのハード対策により、浸水被害の軽減を行っています。しかし、昨今の局地的な大雨に対しては、ハード対策のみならず、ソフト対策を充実し、浸水被害の最小化を図ることが重要です。

 当社では、従来のハード対策の計画・設計の他、ソフト対策のコンサルティングと、計画、設計、システム等の幅広い分野で技術提案を行っています。

主な業務実績 平成28年度 調整池外実施設計業務
平成26年度 下水道浸水ソフト対策設置検討業務(下計-26-10) 埼玉県さいたま市
平成24年度 1号調整池設計業務 さいたま市丸ヶ崎土地区画整理組合
平成24年度 下水道浸水対策(ソフト対策)基礎調査業務(下計24-17) さいたま市
平成22年度 北町一丁目雨水調整池実施設計業務 埼玉県蕨市
平成22年度 1号調整池詳細設計業務 さいたま市台・一ノ久保土地区画整理組合
平成22年度 3号調整池詳細設計業務 埼玉県鴻巣市

ページトップに戻る

Copyright(c) 2014 Nihon Suiko Consultant Co.,Ltd

【本社】

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-10-4 八千代ビル3F  TEL 048-836-3590  FAX 048-836-3620