• ホーム
  • 事業案内
  • 企業情報
  • 技術紹介
  • 採用情報

事業案内

震災対応施設 | 上下水道

 地震など大規模災害による被災に備えて、各自治体では応急設備対策や備蓄を検討しています。ライフラインとなる水道では、被災により断水が発生した場合を想定して、耐震性貯水槽の設置や応急給水施設などの対応によるものとなっています。当社は、耐震に関わるコンサルティングも含め、応急給水施設計画、耐震性貯水槽、給水地となる配水池の耐震化検討など、上水道がライフラインとして重要な施設であることを踏まえて各種設計計画に協力しています。

 

応急給水施設計画

名 称: 避難所応急給水施設

場 所: 愛知県半田市

概 要: 被災時における応急給水施設

 


 

 応急給水施設は、給水拠点での配置や避難所の規模、拠点までの耐震化計画など水道事業者としてのBCPにも深く関わる課題となっています。市域全体の防災計画の一助として、専門的な技術協力を行いました。

 被災時に避難所となる学校・公民館など公的施設までの管路耐震化に伴い、拠点給水の施設について提案・計画を行っています。応急給水施設の設置・位置の把握は、被災時のみならず平常時から何処に給水拠点があるか認識することも重要な要素となります。当社は、この一環として給水拠点のサイン(看板)作成に至るまで市民生活サービス向上に協力しています。

耐震性貯水槽 

名 称: 耐震性貯水槽(鋼製)

場 所: 宮城県利府町

概 要: 耐震性貯水槽(V=40m3級)の設計

 


 

 耐震性貯水槽には、PCコンクリートなどによる現場打ち施設と大口径の管材をベース(鋼管、ダクタイル鋳鉄管etc.)にした施設があります。必要な容量はもとより現地の状況、付帯施設の配置等様々な視点で設計を行いました。

 被災時の応急給水対策として、耐震性貯水槽があります。耐震性貯水槽は、震災時に周辺管路が破損しても、汚染されず一定量の飲み水が確保できるように計画しています。当社では、この耐性震性貯水槽も含め「いざ」という時の備えについて各自治体への提案を行っています。

主な業務実績 平成27年度 耐震性貯水施設実施設計業務

平成24年度 耐震性貯水槽調査設計業務委託〔詳細

平成22年度 配水管改良工事に伴う測量設計業務委託〔詳細

ページトップに戻る

Copyright(c) 2014 Nihon Suiko Consultant Co.,Ltd

【本社】

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-10-4 八千代ビル3F  TEL 048-836-3590  FAX 048-836-3620